テゾス初心者ガイド - tezos-wiki
メインメニューを開く

tezos-wiki β

テゾス初心者ガイド

Tezosの初心者ガイドです。テゾスについてほとんど知らない人はまずこちらをご覧ください。

Tezosとは?編集

 Tezos(“Tay-zos”)のウェブサイトによると、Tezosとは、真のデジタルコモンウェルスを確立することによってそれ自身で統治するという新しい委任型ブロックチェーンである。とのこと。コモンウェルスとは、共通のゴールや興味のある分野についてシェアし、お互いに繋がり合うという選択をするグループのこと。Tezosの目的は、彼らのトークンホルダーに、時間をかけてお互いにプラットフォームを統治(ガバナンス)し、発展させてもらおうというものである。この役割は、新しくTezosへ参加する人々にとって、イーサリアムなどの他のスマートコントラクトとの明確な違いである。この新しいスマートコントラクトのコンセプトについては、私のイーサリアムビギナーズガイドを読んで比べてみてくださいね。

統治(ガバナンス)編集

 Tezosは、イーサリアムのようなスマートコントラクトプラットフォームでありながら、チェーン状の統ガバナンスを通して時間をかけてプロトコルのアップグレードが出来るというプロセスを組み込んでいる点が大きな違いである。このガバナンスシステムは、ブロックチェーンが二つのバージョンに分かれるもので、ハードフォークを持ったブロックチェーンよりもスムーズなブロックチェーンの進化を可能としている。ビットコインとイーサリアムの両方とも従来からハードフォークを主題としているチームであるが、時間をかけてアップグレードしていくというスタンダードな方法としてあるべきではない。彼らは、それぞれのグループがプロトコルの発展について違った見解を持ち、意見が割れてコミュニティーが2つに分離する必要がある時、ハードフォークこそが唯一の最終手段と考えている。
 Tezosでは、報酬に関してのリクエストも含め、どのようにプロトコルをアップグレードさせるかについての提案をデベロッパーが自主的に提出することができる。そして、Tezosトークンのホルダー達は、その提案を承認するべきかどうかを投票出来る。さらに、この報酬体系はデベロッパーにインセンティブを提供することで、フリーで働いたり、寄付に頼ったり、集中管理されたエンティティーに出資してもらうよりも、Tezosの発展を維持することが出来るのだ。このように、この革新的なストラクチャーは、デベロッパーが自主的にプロトコルに貢献することへのサポートを可能にするという目的を持っている。

プルーフ・オブ・ステークの委任編集

 最近、イーサリアムがプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への転換を試みている一方で、Tezosは開始当初からPoSを始めようと計画を立てていた。PoWは効果的だが、ネットワーク上で参加者同士によってコンセンサスの維持を行うため、リソースが集中してしまいがちなメソッドである。事実、最近のイーサリアム採掘者は既にキプロスのような小さな国よりも多くの電力を消費してしまっている。PoSに関しては、フィジカルマイニングよりもバーチャルマイニングによって検証が行われる。参加するためには、マイニングハードウェアを購入するのにかかった金額と電力よりもただトークンを持ってさえいれば良い。PoSのメリットはまだある。誰かがネットワークを攻撃しようとしたとき、経済的なペナルティを課せるというところだ。PoSを委任するというのは、もしもTezosトークンのホルダー達の中に直接ステークに参加したくないという人がいた時に、代わって他の誰かが検証を行えるということ。(時間の消費、知識、リソースなど理由は色々…。)

形式的検証編集

 Tezosのもう一つイーサリアムと異なる点は、スマートコントラクトのプログラミング言語Michelsonである。この言語は、関数的で形式的検証を容易にする。形式的検証は、本来デベロッパーが彼らのスマートコントラクトコードの正確さを数学的に証明することを可能にするものである。そして形式的検証は、コントラクトのプロパティが維持されていることを証明するものであるが、コードが100%正しくある必要もない。そのため、ミスをする余地のないような産業で使われている。(例えば原子炉、航空機、医療機器など…。)
 以前、不十分に実装されたイーサリアムスマートコントラクト内で、形式的検証の適用が弾かれるというバグが起こった。これはイーサリアム自体にバグが発生したということではないが、スマートコントラクトが予想通り動くことを簡単に確保する目的でデベロッパー達が使う“形式的検証ツール”を作ることに対しての強い論争を生み出した。これによって、形式的検証ツールとイーサリアムスマートコントラクトを書く為の新たなプログラミング言語が作られることとなった。形式的検証のトレードオフは、デベロッパーにとって適切に適用することが難しく、正しい仮定は全て実用性の証明をしなければいけないという誤った安心感に繋がりかねない。

プロジェクト編集

Tezosの共同創立者であるArthur BreitmanKathleen Breitmanは、2014年からコアデベロッパー達と共にTezosを発展させてきた。近年、あと数ヶ月程でTezosネットワークを開始するだろうと言われている。

 2017年の7月1日、Tezosチームは制限なしの資金調達ラウンドで、約2週間という期間でイーサリアムとビットコインの両方の寄付も受け入れて232$という歴史的な数字を確立した。Tezosファンドはスイスを拠点にし、クラウドセールから資金を調達して運営すると思われる。ネットワークを開始して最初の1年は、提案に対しての拒否権を設けると思われるが、提案の提出に関する特権などは設けないだろう。さらに、Tezosトークンホルダーがオンチェーンガバナンスシステムを使って資金を提供し続ける投票をしなければ、最終的に、段階的にそれを実行することを計画している。
 イーサリアムとTezos、そしてその他のスマートコントラクトプラットフォームが、異なった目的を果たし、トークンホルダーがそれぞれ異なった取引を行うという、それぞれの役割を担う存在として互いに共存すると私は信じている。CosmosやPolkadotが完全に進化したように、ブロックチェーン・インフラストラクチャーが行き交う時、うまくいけばイーサリアムとTezosのトークンがお互いのプラットフォームを自由に行き来するのを目の当たりに出来るだろう。

リソース編集

Tezosは、彼らが見た存在している数々のプロトコルとタックルを組もうというとてもエキサイティングなプロジェクトです。下記のリンクを参考にして、Tezosへの理解を深めて、新しいニュースを常にチェックしてください!!

参考文献編集

MediaWiki spam blocked by CleanTalk.